月別アーカイブ: 2019年8月

「ついでに……」

dav

お盆。
お寺から棚経に来てくださる。
お盆のお供えはこのように、と丁寧に図解されたものが届いている。
参考にしながら、ふだん使っている器の中から小さなものを選んで、汁物、酢の物、あえ物も……。
チマチマとままごとのようなお供え物である。
毎年、そんな膳を見てもお寺さんは何もおっしゃらない。
お示ししたようにしてください、とも、こんな器では良くない、ともおっしゃらない。
小さな祠に窮屈に閉じ込めたような感もある父と母の位牌を前に、朗々と読経。
その後でいつも、ひとことふたことお話をしてくださる。
今回は、「ついでに……」。というお話。
わたしが脚の手術を受けて3カ月入院していたことをご存知で、
「回復の具合はいかがですか」とのお尋ねに「順調です」とお答えする。
「順調なのを良いことに、ついでに、はいけません。これをして、ついでにあれもと欲張ると、転んだり、つまずいたりします。ついでに、は要注意です」と。
10分間ほどの滞在の後、暑い中を隣家へと向かわれた。
隣も隣も、さらに隣も檀家である。

炎天、酷暑。

dav

朝4時半からヒグラシ蝉。
合唱はおよそ30分間。
カナカナ、カナカナがだんだん弱まって来る頃、
後は引き受けた、とニーニー、チーチー、ミンミンミーンも加わって、
午後ともなれば、暑さをさらにさらに引っ掻き回す。
蝉の抜けた穴も日毎に増えている。
紫陽花にアシビにマンリョウに、桧の幹の高いところにも。
葉っぱの裏に、茎に、いたるところに抜け殻がくっついている。
ただ、あちらこちらに、アブラゼミが仰向けにひっくり返っている。
連日の炎天、酷暑のせいだろうか?
7日とも言われる寿命は全うしたのだろうか?
ミミズも干からびている。
転がった蝉、ミミズに蟻が群がっている。