月別アーカイブ: 2016年11月

日に日に

20160930_101713

秋になってもなお暑い日が続いたので、今年の紅葉はどんなふうだろうか?と案じていたが、このところ朝晩の冷え込み強く、いっきに山がきれいになった。
今朝はビュウビュウと激しい風。木の葉、小枝がパラパラと舞い落ち、降った葉が車のワイパーに留まっている。
大きく枝を広げているわが家のモミジ。緑の葉の上に赤い帽子をかぶせたように色づいている。
里を取り巻くなだらかな山々も、わが家のモミジも、日に日にだんだんと、濃く鮮やかに染まっていきそうだ。
あとしばらくは、この里の暮らしが楽しい。

まだまだ…。

20161011_123154

郵便局へ行ったら、「切手、来てますよ」と局長さんに声をかけられた。年賀状に貼る干支の切手である。
「うわア―、まだ要りませ~ん」。
何年か前、12月も中旬になって、干支の切手200枚を求めに行ったら、その小さな郵便局にはわずかな枚数しか無かった。
取り寄せます、とのことだったが、出かけるついでがありますから、と大きな郵便局で買った。
翌年から、はやばやと、「干支の切手は何枚入用ですか?」と尋ねられる。
今年も、11月になったばかりの日に窓口を訪れたら、「切手、来てますよ」。
まだまだ年賀状を書く気分になれない。来年の干支の切手を傍に置きたくない。
なので、12月に入るまで予約継続中とさせていただく。

トマト狩り?

20160930_101954

センセイのお宅に伺った。
センセイは「トマト狩りをしますか?」とおっしゃる。
トマト狩り?
それは、初めて見るトマトの光景であった。まるでジャングルのようであった。
少ししゃがむ姿勢となって見上げれば、トマトの茎や葉が絡みに絡んで、ドームのような形状になっている。隙間から青い空が見える。
アイコという名の真っ赤なミニトマトが天井からぶら下がり、あるいは、絡んだ茎や葉に押し上げられて横たわってしまっているのもある。
野鳥がついばみに来るのを防ぐネットの網目を茎や葉は潜り抜けたり、はみ出したりで、縦横に伸びて絡み付いたようだ。
網目の外に出てしまったトマトに指が届かない。熟れたトマトは触れると落ちる。
トマトのジャングルでトマト狩りをした。
赤くて可愛いトマトが箱にいっぱいになった。