月別アーカイブ: 2013年3月

コブシ?

暖かいというよりも、一気に夏めいた気温になって、椿の花がいっせいに咲いてしまった。
いつもならまず道端のピンクの丸いかわいいのが咲いて、通る人もかわいい、かわいいと楽しんでくださっているうちにもう一本の赤いのが咲き始める。
この木は、ちょっと見には、まるで一本の木に赤い花と白い花が咲く。
実は、根っこのところで二本がくっついている。花が咲く前にはわからなかった。幼い木だった頃に分ければよかったのだが、そのまま育って今は、珍しいですねと言われる大樹となった。
あれもこれも同時に咲いた。次々に咲き続けて春を長~く楽しませてくれるいつもの花景色ではない。
20130321_080623
明けて今朝はまた冬日和。咲こうという花もつぼみを固くしたようだ。

昨日は、各地お花見びよりだったそうだが、このあたりの桜はまだまだ。
けれど、山に白いものがぽつりぽつり。3月も下旬になると、まだかな?もうそろそろ…と待ち遠しい山の景色である。
それが、今朝、見つけた!コブシの花。
ほんとうの名前はタムシバ。図鑑で見るとよく似ている。
昔から里の人たちはだれもタムシバなんて言わなかった。
コブシがたくさん咲いたから、今年はカンカン照りの夏になるとか、今年は大水が出るとか言い伝えられてきた。
学名はタムシバですよといわれても、やっぱりだれもかれもコブシと言っている。
いつもの年よりも10日も早くコブシが咲いた。

今年の春は油断ができない。

春の嵐

大変な荒れようだった。
道端に立てられている幟旗などはことごとく風に煽られ巻き上げられて、あるものはちぎれよじれながら、バタバタとはためいている。
雨は白く煙り、上から斜めから、風に飛ばされて下からも吹き上がってくる。
昨日は秋の台風を思わせる天気だった。
先日も大風の日があって、春一番?かと思ったのだったけれど、気象学的にはもひとつ条件が整わなかったのだそうで、昨日こそが春一番の風であったそうです。
明けておだやかな空模様の中、
このところご無沙汰だったうぐいすが鳴き声を聞かせてくれた。
ひと声ふた声聞かせてくれただけでその後ばったりと行方も知れず、いまごろは何処の林で、梅の梢で、歌っているのだろうかと思っていた。

今朝のうぐいすはかなり歌上手になっていた。

あれから…

ひと声、ふた声、うぐいすの声を聞いたのは、もう1週間も前のことになる。
以後さっぱり音沙汰なしである。寒さがまたぶり返した。この里の梅はまだちらほら咲きである。
どこか暖かな里の花咲き誇る梅林で、歌い遊んでいるのだろうか?
次にやって来るときは、きっと、この前よりも上手な歌声を聞かせてくれる。
亡くなった母は、うぐいすだって練習を重ねて上手に歌えるようになるのだと言っていた。
この前、テレビで、若い気象予報士さんが同じようなことを言って、熟練のキャスターから、
ほんとかねとちょっと笑われていた。
うぐいすがだんだんと歌声じょうずになっていくのはほんとうのこと。
春もたけなわというころのうぐいすは、
それはもう、ケッキョケッキョ、ホウホケキョ、ケケケケケキョ、ホウホケキョなどなどと歌い続けて、
ついには、ケ…?なんて、疲れ果てたかのようなため息すらもらすのですから。
さて、どんな声を聞かせてくれるやら。本日は晴天、暖かさもころあいである。 

うぐいすが来た。

あれ?かもしれない…。
やっぱりそうだ。うぐいす初音。ほーほけきょとまではいかないけれど、ほほ~、とか、けきょと言ったようにも聞こえる。
今春はちょっと遅かったようだ。凍てつく日々が多く長かった。
このところのおだやかな陽気に誘われて訪れてくれたのか。
思わず頬が緩む。
うぐいすは、ふた声鳴いたところでぴたりと鳴くのをやめてしまった。姿も見えない。出し惜しみ鳴き惜しみせずにほーほけきょと歌ってほしいけれど、
春の初めのうぐいすは、けちをつけて申しわけないが、歌うのが下手なのです。
春がだんだんと深まるにつれて、うぐいすは歌唱力を増していく。いつものことです。
今朝、ひと声、ふた声鳴いたのは、春になりましたね、のごあいさつ。これから歌を磨いてきます、もうしばらくお待ちくださいと言ったとか、そんなことは言わぬ、とか。
うらうら陽気に誘われて、思うこともなんだか春霞みがかかったようです。 

虫だって、人間だって

啓蟄も過ぎて一気に春めく日々。
あの、凍てついて、終日、はらはらひらひらと雪やみぞれが舞っていた毎日が嘘のようにも思える。
まだ裸ながら、木々の枝を鳥たちが飛び回っている。鶯の声は聞こえないけれど、いろいろな鳥たちが春を告げて歌っている。
枯れた茅をかきわければ、やわらかそうなよもぎが緑の葉を拡がらせている。

いかなごのくぎ煮をいただいた。それも3人の方から。
毎年、あの方からもあの方からもいかなごが届く。
はやばやと届けてくださった3人のうちお2人からは
このたび初めていただいた。
生姜が効かせてあったり、山椒の実がいいあんばいだったり、どれもおいしい。
いつもの年のようであれば、いかなごはこの先も届けていただける。

春、しあわせ気分、満腹。

弥生三月

今日は昨日に続く日で格別に突飛なことはないけれど、弥生三月という呼び名は優しく愛らしい。
二月、きさらぎ、如月と書く。いやいや「着、さらに着る」という説もあって、山里暮らしの身にはまさにそのとおりでありました。
明けて3月1日、待ちかねたその日は、うらうらと弥生の風が吹きわたるというわけでなく、
薄日は射しながら、竹藪をざわざわと騒がせ、
電線をビュウビュウと唸らせる風が吹き荒れております。
テレビの気象予報士さんによれば、春一番が吹いたとか、春一番というにはちょっと条件が整わないとか、なにやら細かいことを言っておりますが、
なにはともあれ、弥生、春一番、などのことばを耳にし、目にすることが、ことのほか心はずむのであります。