虹の向こう側に……

dav

朝、急な買い物があって時雨の中をコンビニまで走った。
数分で買い物を済ませて帰る途中、右手前方に虹を見た。
走っている国道から脇にそれて、1つの集落へと続く道の上に、林と林をつなぐように虹が架かっていた。
虹の向こう側へと続く一筋の道を行けば、左手に墓地がある。
もう少し行けば右手に池。
池から人家が始まる。
戸数30の集落であった。
ほとんどが農業を生業としていた。田畑にはいつも人の姿があった。
小学生たちは列を作って学校へ4キロの道を歩いた。
下校のときは3人、4人連れだって帰った。
農作業中の人たちが腰を伸ばして鍬を支えにしながら、「お帰り!」と声をかけてくれた。
半世紀以上も昔の情景である。
今、田畑にめったに人の姿は無い。
集落に人が住む家は20数戸。小学生がいる家は1軒。登下校はスクールバスである。
わたしの生まれ育った家にも今は誰もいない。
林から林へと架かる虹。その下に一筋の道。
涙が湧いた。

虹の向こう側に……」への1件のフィードバック

  1. ぷふ

    朝からポツポツと雨です。
    虹をみて色んな想いが込み上げてきますね。
    昔の風景、どこも消えて行ってます。
    田舎に育ってこそ、想い浮かぶ風景、心の中でも大切にしたいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>