20151026_105830

一筋、ひとかけらの雲も無かった青空に、すーっと白いものが現れて、綿菓子みたいになった。
それから……。そっと箸でさばかれたように広がっていった。
雲は湧くもの。雲は生まれるものなんだなア。
親羊と寄り添う子羊に見えていた雲が、ほんのしばらくしたら、ふわふわーっと千切れて、形が変わっていった。
なんだか、羊の刈り取られた毛がぽかりぽかりと浮かんでいる景色になった。

病室の窓から空を見上げている。

」への1件のフィードバック

  1. ぷぷ

    雲を羊に例えた、優しい表現ですね。
    雲は色んな形になって、空に額縁当てたらアートです。
    毎日空を見上げますが、たまに今日は空を見上げたかなと、ふと忘れることがあります。
    大空を見る余裕を持たなくてはと。
    見てても心に残ってないのでしょうね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>