クボガキ

20161011_123011

今年はずいぶんたくさん実っている。
この辺りではクボガキと呼ぶ小さな柿が青空に映える。
こどもの頃、秋のおやつと言えば毎日、ふかしたお芋、ゆでた栗、そして柿ぐらいのものであった。
柿の木に登ってもぎ取りながらかじった。まるで猿である。
恥ずかしくなったか?体が重くなったからか?いつの頃からか、木に登ることは無くなった。クボガキを食べることも無くなった。
こどもたちが木に登っている光景も、竿をユラユラと差し伸べている様子も見なくなった。
クボガキのほのかな甘さよりも、濃厚な味わいのお菓子がいっぱいあるものな~。

お隣さんとクボガキ採りをした。
竿竹の先端に切り込みを入れ、小さな枝など差し込む。昔ながらの柿採りの道具である。
「こんな道具で柿を採ったことありません」
お隣さんは初めての経験が楽しいようで、どっさりの収穫となった。

クボガキ」への2件のフィードバック

  1. ぷぷ

    クボガキって、初めて名前を聞きますね。
    同じ柿でも地方によって名前が違うかもしれないけど、独特の柿なんでしょうね。
    大好きな柿で、今日も昼御飯のデザートに食べましたよ。

    返信
  2. Zinitiro Shirai

    クボガキは甘柿ですか?子供の頃、いろいろの木に登って遠くや空を見上げて
    食べる果物は最高でしたね。渋柿や食べて吐きだし友達と笑いあう瞬間も楽しい
    思い出です。我が家は「おけさ柿(種無し柿)」を出荷していましたがこれは渋柿
    焼酎やお湯で渋みを取るのですが、早く食べると渋みが残っている。
    遅く食べると甘くてイイのだがとろけそうなのは手に持つに困るで、なかなか
    食べごろに苦労します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>